環境整備の管理サイクルとは

自家用受変電設備(自家用電気工作物)の環境整備すなわち保安は、設置者が、環境整備には、予防保全と事後保全に分け、保全技術者は一人一人が細心の注意と問題意識をもって電気設備に対し、問題点を摘出し改善して、次期計画に反映させる “管理のサイクル” を回すことが大切です。

予防保全

年度点検計画に基づき、日常巡視点検・定期点検・精密点検が柱となります。