24時間監視装置

ビル・商業施設・工場など、高圧(6600ボルト)で受電している事業場については、毎月の点検時には発見できない「絶縁・トランス温度・停電」を、24時間監視装置で監視します。
 
異常があると、漏電・温度・停電センサーが感知し、ホストコンピュータに警報を送ります。
また、同時に担当主任技術者の携帯電話にもメール送信するため、地域停電、一時的な漏電、緊急性のあるものかを判断し、お客様に連絡します。必要に応じて、担当主任技術者が緊急出動して対策にあたります。